笠岡ラーメンとは

  • HOME
  • 笠岡ラーメンとは
歴史

歴史
古くより養鶏が盛んだった岡山県笠岡市エリアは親鶏が安く大量に手に入る環境にありました。また製麺業が盛んで麺文化に馴染み深かったこともあり、安く手に入る食材を利用した気軽に食べられる料理として、親鶏を使った笠岡ラーメンが生まれたと言われています。このように笠岡ラーメンは古くから地元の人に愛され、今ではご当地ラーメンとして多くのファンを生んでいます。

特徴

特徴
親鶏の鶏ガラ醤油味ラーメンの上に一般的な豚のチャーシューではなく、かしわチャーシューと呼ばれる親鶏で作ったチャーシューを載せることが最大の特徴です。「かしわ」とは、この地域の言葉で、親鶏(採卵を終えた老鶏など)の肉のことで、歯ごたえが強く、噛めば噛むほど旨みが広がっていきます。味付・製法とも本来のチャーシューと異なり、独特の美味しさがあります。スープは醤油味を基本とし、親鶏の鶏ガラのみ、あるいはそれを中心に小魚などの魚介や野菜・果物をブレンドしたものが使われます。麺は中太でストレートが基本。具は、ネギとメンマのみのシンプルなものが多いです。ネギは鶏ガラのみの店は斜め切り、鶏ガラに他のものを加えている店は輪切りにしている場合が多いと言われています。

お問い合わせ

岡山県笠岡市のご当地ラーメンである笠岡ラーメンを広島で味わうなら、中華そば きたぎへ!
笠岡ラーメンの本場・岡山県笠岡市でしっかり修行をした大将が作る一杯をお召し上がりください。
TEL:082-243-8083
[営業時間]11:30~14:00 17:00~21:00
[定休日]不定休

メールはこちら